Loading...

ブログ

2022.01.31

フジモリ、家を買う。【住宅ローン 事前審査の実践編】

こんにちは!広報担当の齋藤です!

今回は、事前審査の実践編。実践と名付けたのには意味があって。

住宅ローンの「事前審査」や「仮審査」は、名前の通りに理解すると、

あくまでも試しにする審査という感じに聞こえますよね?

実のところは全く違って、ほぼ本審査と同義なのです。

仮審査から本審査を行うまでの間、状況が同じという前提があるものの、

事前審査を経ていないと、契約を交わすことができません。

そもそも、事前審査が通っていないと買付書は出せないとか、

内見すら許可しない売主さんもいるほど。

ですので、良い物件が見つかってから事前審査をするのではなく、

事前審査をしてから、物件探しをするのが理想の流れ。

何より、自分が無理なく返せる金額を把握したうえで、

物件を決めたほうが、身の丈に合った判断ができる思います。

ここで、声を大にしてお伝えしたいのが、

めいっぱい借りられる金額と、無理なく返せる金額は違うということ。

たとえば今、借りている賃貸の家賃と同額で試算するのではなく、

固定資産税や修繕費用などを見越して、

現在の出費よりも低い金額に設定するのが、ちょうど良いと思われます。

さらに、中古の戸建や一軒家、マンションを買って、

リノベーションやリフォームをしようと考えている方は、

事前審査までに見積書を用意しなくてはいけません。

それについては、次回お話しまーす♪