Loading...

ブログ

2024.05.11

浜松のマンションリノベ|設計事務所がデザインする中古マンションのリノベーション

浜松市中央区で自宅マンションのリノベーション工事が始まりました。

まずは解体作業から。

天井から壁、床までどんどん剥がしていきます。

この建物は梁や柱のない壁式鉄筋コンクリート造でできており、構造の壁にクロスがそのまま貼ってあるので、剥がすのが大変です。

また木造の間仕切り壁は解体して間取りを変更できますが、構造の壁は壊せません。

設計段階でそれぞれの壁を見極めて計画し、現場でも確認します。

水廻りの床材を剥がして配管をむき出しにしました。

今回は床スラブ(上下の階の境となるコンクリート)の上に配管があるので水回りの移動や修理がしやすいです。

これがスラブ下配管だった場合は、下階の天井に上階の配管が通っていることになり、水回りの工事ができません。

上の写真は壁から配管が飛び出しています。

当初の計画段階ではここに洗面台と造作の棚を置くはずでしたが、現状だと配管が棚板に当たってしまうため、うまく納まるようにプランを変更します。

リノベーション工事は新築と違って既存のものに手を加えるため、解体してみないと分からないことも多数あります。

それがリノベーションの難しいところでもありますし、面白いところでもあります。

現場監督とその都度相談・確認しながら、着実に工事を進めていきます。

【マンションのリノベーション 記事一覧】
>>マンション購入の経緯
>>リノベ計画


oro株式会社は浜松市を中心に新築・リフォーム・リノベーションのデザインを手がける設計事務所です。

住まいのちょっとした修繕から大規模な改修まで、幅広く承っております。

ご検討中の方はぜひお気軽にお問い合わせください。
>>CONTACT

当社のこれまでの施工例はこちらから。
>>WORKS