Loading...

ブログ

2024.06.04

店舗の外壁リフォーム前の散水試験|浜松の設計事務所が手掛けるリノベーション

制服のキンパラ本社でオフィスの外壁修繕工事が始まりました。

今回は施工前におこなった散水試験についてご紹介します。

建物内で雨漏りしている箇所が見られたので、外からホースで水を流して雨水の侵入経路を特定します。

このとき大事なのは、むやみやたらに水を掛けるのではなく、あらかじめ室内の雨漏り箇所から原因を予測・検討しておくこと。

隙間やひび割れなどを重点的に確認します。

とくにコーキングやシーリングはどうしても経年劣化しやすい素材です。

雨水が建物の中に入ると、木材や金属などの構造に腐食が広がって安全性が大きく下がってしまうため、定期的なメンテナンスが大切です。

ちなみに散水試験は雨の日には実施できないのですが、当日はどうにか曇りを維持し、延期することなく無事に一日で完了しました。


oro株式会社は浜松市を中心に新築・リフォーム・リノベーションのデザインを手がける設計事務所です。

住宅やオフィスのちょっとした修繕もお気軽にお問い合わせください。
>>CONTACT

当社のこれまでの施工例はこちらから。
>>WORKS