Loading...

ブログ

2022.01.26

【自然を活かしながら、プライベートな空間を確保】住まいのインタビュー❶|掛川市寺島

Tさんご夫妻が家を建てる際に目指したのは、木材をポイントに使い、

優しい色味で、全体のトーンをまとめることでした。

壁や屋根の色は、グレーを基調としながら、玄関部分には縦格子、

東側はボード&バテンという凹凸のある木材の外壁に。

西側の水回りの壁にはガルバリウム鋼板、目隠しにはコンクリートを使用。

北側は、あえて窓も設けず、雨樋の存在も目立たないようにして、

壁の精練さが際立つように仕上げました。

道路からの視線を遮るための、南側フェンスは木製。

無機質な素材と違って圧迫感が無いため、庭がより広く感じられます。

さらには、木製デッキとの繋がりで統一感が生まれ、

スッキリとした印象を与えてくれる効果も。

このように様々な素材を用いると、飽きのこない多様な雰囲気になり、

外観にアクセントが加わります。

シンプルにまとめながらも、家の表情が豊かになるので、

毎日、帰るのが楽しみになる。

そんな、おうちに仕上がりました。