Loading...

施工例

 WORKS / SHOP&OFFICE 

鴨江のオフィス

KAMOE OFFICE

鉄骨造2階建ての建物をリノベーション

三角屋根が特徴的なこちらのオフィスは、1990年に建てられた建物をリノベーション工事したものです。もともとは1階が駐車場、2階が不動産会社の事務所として使われていました。

手前にせり出している白い部分には『アルミ樹脂複合板 ALPOLIC®』を使用しました。オフィスビルや商業施設の内外装にも使われているこの素材は、加工も容易で、板金と違って外観もフラットになるため、すっきりとした印象をもたらします。

玄関アプローチは鉄製フレームで囲って、その上から砂利を敷きました。そのほか、両脇にある縦樋を隠すことで生活感をなくしました。

オフィスの入口へ続く細い通路。敷き詰められた砂利と無地のコンクリート板が連なって、まるで老舗料亭のよう。

切り文字の看板は『ローバル』の塗装でマットに仕上げました。また外壁には『SOLIDO type M』を使用し、セメントの重厚な質感をもたせました。

1階部分の打合せスペース。天井は鉄骨部分を現しにして、ペンキで塗装仕上げにしました。
階段の蹴込み板を彩るオレンジ色がアクセントになっています。

オリジナルで製作したキッチン。冷蔵庫と電子レンジがぴったり入るように設計しました。このくらいであれば、既製品を設置するコストとさほど変わらずに作れます。頭上の窓からしっかりと日光が入るので、壁の色が暗くても意外と明るいです。

2階部分。大きな窓から陽光が差し込み、オフィス内部をやさしく照らします。窓の内と外をつなぐレッドシダーの木目が壁から天井までを覆って、部屋の奥へ伸びていきます。

温かみのあるアイボリーホワイトと、ポップなオレンジの壁。実はどちらもDIYで手塗りされたものです。中央の長テーブルや両側にある収納棚も自作です。天井に間接照明をつるすことで開放感のある空間に。
>>DIY塗装の様子はこちら

夜の明かりにつつまれたオフィス。昼とは違った印象が生まれます。